ゴンドラ工法の特徴

ゴンドラ工法は、合理精神旺盛なドイツをはじめ、ヨーロッパ諸国では当たり前の日常化された工法です。わが国においても、ビルやマンションが高層化していく中、今後主流となっていくのがこの工法です。
当社考案の取付金具をセットし、養生ネットを張ります。自在フック方式(下アーム)でゴンドラを吊り下げ、養生ネットの中を2人乗り用ゴンドラで上下して塗装します。
最近、無足場工法を用いる会社が増えてきています。しかし、多くの無足場工法は、養生ネットを使用しないところが多いのが現実です。当社のゴンドラ工法は養生ネットを貼りますので、材料の飛散や落下の心配はありません。
養生ネット付ゴンドラもありますので、プランに合わせてお選びください。